fxを学ぶためにはまずは実践に近い状態から学ぶ。

この考え方は非常に大切。

自分が実際に取引を行う会社が決めたらもうその会社を使い続けなければいけないということではありません。

自分がその会社での取引方法や具体的な詳細設定で足りないと感じることがあればその点を補うような会社を探すのも1つの方法。

初心者がデモトレード画面で取引を学ぶという体験は入門の勉強をする上でもおすすめ。

でも初心者には練習するうえでも注意してほしいことがあります。

fxデモトレードとアプリ

0427

スマホで簡単に取引をしたいという人は多くなった。

口座開設からデモトレードなどの練習もすべてアプリで完結させるという人は多いはず。

でもアプリって無料と有料がありますよね。

自分はどちらから始めるべき?

お金を稼ぐ前から何方とお金かけるのはもったいない?

こんなことを考えているならそれは間違い。

有料と無料を比較

01405

有料の価値を見極めることが本来非常に重要になってくる。

この中には何かよっとした疑問にもサポートをしてくれたり、用語などはコンテンツにまとめてくれていたりする会社の選択と似てきます。

有料アプリでもここをチェック

04040

有料アプリの比較ポイントは、以下のような点が重要になる。

  • 反応速度は?
  • 機能的な差は?
  • 通貨ペアの選択肢

自分で理解できているできていないということではなく、最初からどの程度の機能が充実しているのかをチェック。

初心者にとってはどんなツールもすごいと思えてしまう。

これからという時間ではすべてが新しい世界のように感じる。

でも実際に使っていく前の段階でも比較すれば簡単にわかってしまう点も多い。

  • 表示項目の違い
  • 設定画面までに要する操作の回数
  • 分析をする際の画面のサイズ感

スマホ1台で自分で値動きをゲーム感覚で分析できるような仕組みを提供してくれているかどうか?

これは実際に複数使ってみないとわからないことも多いです。

デザイン1つでも飽きる

デザイン一つでも自分で使用する際には差が出る。

リアルに動く中での注文する時にはどの程度見やすいのか?

一定の期間は同時に複数を使い、同じ動作環境の中で経験する。

これがはじめての時期だからこそ見えてくることが多い。

全く違う会社の画面を比較すると知らないままでいるとだけで有効な設定が足りないとか条件設定ができる出来ないなど違いが出てきます。

こういうことはすべて関連情報に紹介されているわけではありません。

自分で実際にダウンロードして使ってみて初めて分かるようになる。

情報とアップデート

開示されている関連情報と実際の画面には差が出ているということも多い。

これはどんな会社のサービスでもappを初期の状態のままにしているということはない。

あくまで現在のユーザーが安心してサービスの利用を継続してもらえるように工夫をしていく必要がある。

つまりは、みんなが公開している情報が古い状態で、ダウンロードした時には多少異なるということも起こりやすくなっている。

まずはメディアなどでチェックすることは大切。

でも必ずいくつかを同時にチェックすることをお勧めします。

中には毎回アップデートを開始している状態で起動までに時間がかかるということもありますよね。

少額取引におすすめのアプリ

1000通貨での取引。

ワンタッチ注文でスピーディー。

チャート画面もわかりやすい。

こんな内容を探しているなら、やはりYJFXはおすすめという声が多い。

ローソク足や移動平均線、ボリンジャーバンド、EMA、一目均等表の4種類が常に動かせる状態。

さらには、リアルタイムニュースなどを連動させているので複数のアプリを起動させる必要がありません。

とにかくあまり多くのアプリを入れたくないと思っているならまずは会社という単位で探すことをお勧めします。

あとは外為ドットコムという会社が有名ですよね。

スプレッドが最小で0.1銭なのに対して、豊富な注文方法を用意してくれている点がユーザーに対して満足度アップに貢献している。

さあこの2つをまずは見て比較するとあなたはどちらが使いやすいと感じるのか?

ここからスタートしてみては?