トラッキングトレードは損失ばかり。

一度も買ったことがない!

このまま負け続けると資金がなくなってしまう。

FX初心者にとっては始めやすいトレード手法だと思っている人は多い。

しかし、一方でどこでどう設定を間違えたのかを見極めるのは非常に難しい。

トラッキングレコードの損失の背景

トラッキングレコードの魅力はいろいろある。

あくまで利益が出たら、その方法をリピートすることでパターン化することが可能なのが本来のメリットだと思います。

しかし、負けをそのまま放置しているとどんどん負の連鎖になってしまう。

1回の取引を安くしたり、少なくするというのは解決策になっていません。

運用実績がない初心者がはまる

あくまで取引サービスを簡単にするために生み出されたシステム。

しかし、稼働中の設定については、実働利益の発生に基づき計算がシミュレーションされていく。

リピート注文が軸となった手法でシンプルなルールに基づき注文が可能になっている。

でもこの手法は他の会社も使っているのか?

この答えについて、使用する前にはあまり考えていなかったという人は多い。

簡単とか初心者向けという情報に惑わされて毎年何か新しい手法に挑戦している人は多い。

でも新しいというのは正直まだ隙やデメリットの情報が少ない。