fx初心者が誰でも簡単にできる手法で稼げるようになりたいと願う。

時間は可能な限り短く、操作もできるだけ単純。

売り買いの注文をする際に複雑な方法を考えなくて良いというのが多くの人の理想だろう。

その方法には一定のリスクがあるかもしれない。

こんなことを考えたことがありますか?

今回の記事では成行注文という方法におけるメリットデメリットに関する情報をご紹介していきます。

成行注文メリット

147272

そもそも成行注文とは何か?

この答は、価格優先の原則に基づく。

指値注文に優先して売買が成立する。

つまりは、指値を間違えなければシンプルに取引が成立しやすいというのがメリットになる。

しかし、この方法には一定のデメリットが存在する。

成行注文のデメリット

27431

指値というのは、買うというのと売るという行為に対して、自分がいくらでどのくらいの量を買ったり売ったりするかという方法になる。

しかし、この数字を達成するのは、前後の動きがある。

当然ながら、予測を反する動きというのは株でもfxでも同じように存在する。

自分が許容している範囲内で取引が確実にできると思っていたが、実際には高値でその銘柄を購入してしまったというのが株式投資の世界ではよく出てくる。

つまりは相場に対しての注意点が非常に重要になってくる。

自分がその指定をしたから、確実にその後の変動を問わず簡単に稼げるようになるというのなら、正直この手法だけかくにんすることで多くの人が大きく損をするということはなくなる。

しかし、これは正直安易な考え方だ。

もしこの成行注文だけを知り、ただ単にお金をまとめて買う売るという流れで一攫千金を狙っているならこれはかなり注意が必要になります。

上昇であってもその流れに乗り切れない。

下落し始めた時には、なぜこのタイミングで購入したのかと悩んでしまう。

手法という言葉に踊らされてしまい、結果失敗をする人が多いのはこういう背景があると思いませんか?

安易に人気だからとか個人投資家が出している注目の手法というだけで結論を出すのは早い。

もっと市場を形成している投資家の流れや市場の上昇や下落に対して経済指数と照らしあわせて観察をしていくことが重要だと思います。

コロナの時代ならなおさらこの要素は非常に重要になる。

2020年8月総理が辞任を表明した。

これは最新の情報としてどのように影響を与えるのか?

週明けにもこのなりゆきが気になることになる。

今だけでなく、今後という見方をしてそれぞれの可能性に対して柔軟に対応が可能な方法と言えるのか?

この答が正直あいまいになっているなら、もっと他の方法を模索して自分自身がもっと分析ができる段階までスキルアップをすることを目指すほうが公開しないと私は考えている。

金融商品は非常に奥が深い。

しかし、その段階的な要素は多くの人が公開しない。

だから検索をした時に上位に出てきた情報をうのみにしている人は多いと思う。

そのため、ある意味情報に踊らされてしまい、結果深く観察することを考えずに可能な限りなりゆきに任せるというほうが気が楽になってしまう。

でもこういうことを考えるなら、正直つみたてに注目をしたほうが早いと思ってしまう。

確定拠出年金も個人ができる年金の上積みをするという意味ではメリットになる。

何をどのように買い、自分にお金がめぐってくるようにするのか?

この点を考えると、目の前にある数字的に一番自分が購入しやすいと思える単価で購入するというのはあくまで変動が大きくない方法に限られた手法だと私は感じています。

株式でも外貨でもそれは違う。

ある程度自分で観察をして、買ったと同時に価格の変動を見越してどう成立させることが自分のリスクを減らせるのか?

こう考えたほうが楽しめるのではないでしょうか?