スポンサーリンク



映像制作の仕事に携わってみたい!

業界未経験!

スキルもない!

ただ自分がやってみたいというだけでは専門職に就くのは難しい?

都内でお探しの方におすすめしたい会社をご紹介していきます。


スポンサーリンク


映像制作スタッフの仕事内容

映像制作スタッフ未経験者求人

スポンサーリンク


自分のまわりにも同業で働く人がいない。

YOUTUBEやゲームなどを見て、こういう映像が自分の手で作れたらカッコいい!

こんな動機でスタートができるの?

まずは仕事の内容をご紹介していきます。

やることは多い!

映像作成といっても、いろいろやることがあります。

  • 企画
  • 立案
  • 撮影準備(機材の取り寄せやリースなどの依頼等)
  • セッティング
  • 撮影
  • 編集作業

1つの作品を作り上げるには、準備することも含め関わる内容は多い。

身につくスキル

映像関連でもバラエティなど楽しませる対象だけではない。

教育に関連する仕事もあります。

他にもプロモーション映像などもあります。

こうした中で、以下のような仕事に携わることで自分の向いている仕事を見つけ出すことが可能。

  • 台本を作成する
  • 機材セッティング技術
  • ロケ地探し

1つの映像の中にも字幕などを用意するのも仕事の一つ。

細かい作業の1つ1つから何か1つでも自分のやってみたいことを見つけ出す。

初心者や未経験者にはこういうスタートを可能とする職場を探すことも大切だと思います。

オススメの会社の探し方

映像制作スタッフ都内オススメの会社

今回ご紹介したいのは、fx投資家のサポート業務を行っているクロスリテイリング株式会社。

住所:東京都千代田区神田神保町1-5-1 神保町須賀ビル6F

年収目安

年収例として、以下のようなデータが公開されております。

26歳で入社3年目の方は、520万円

32歳で入社5年目の方で、560万円

比較ポイント

もう1つ参考にしていただきたいのが、残業代支給の詳細。

この会社は、みなし残業制度を採用していません。

残業がないとは言いません。

やるべき仕事をきちんと納得するまでやっていける。

さらに、以下のような内容も全てチェックしておきましょう。

  • 休日出勤手当は支給されるのか?
  • 引越し費用補助
  • 転居の支援
  • 時短勤務制度の有無

このような内容は長く勤められる会社を探したい方には大事なポイントではないでしょうか?

求人情報比較の際の注意点

映像制作スタッフ求人比較の注意点

東京都でアルバイトやパート、派遣の仕事しかしてこなかった。

月給の仕事に就くのは久々だ。

正社員ではなく、非正規雇用であれば、自由に自分の求める条件を探しやすい。

現場の管理などを任されることもなく、職歴も経歴も不問で服装も自由な仕事ばかりを選んできた人も多いはず。

新着求人情報内のチェックポイント

事務、営業、運送等募集を探す時には、多くの人が職種から探すことが多い。

そして、その条件内に当てはまる求人の中で以下の内容を照らし合わせるケースが多い。

  • 学歴
  • 職歴
  • 経験何年以上
  • 年齢
  • 1日の労働時間
  • こ雇用期間(無期雇用や契約社員等の有期雇用)
  • 交通費
  • 個人のスキルや経験値
  • 休日(年間休日や土日祝の出勤情報)
  • 勤務形態(週何日勤務なのか?)
  • 在宅ワークやリモートワークの働き方
  • 給与(月給、賞与等)

これらの条件は、あくまで、webページを見ていれば簡単にわかる。

しかし、この条件の中でコロナ禍となった期間では、何を比較するべきなのか?

東京都内では、緊急事態宣言等の影響により、多くのイベントが中止を余儀なくされている。

イベントがなければ、広告の運用も減っていくし、販売の実績も落ち込んでいく。

当然、契約社員や派遣社員、業務委託などを受けている会社はますます仕事を失っていく。

あくまで、テレビや番組のディレクター等の社員として働きながら、週休2日をきっちり守って、オフィスでのんびり働ける社員というのはなかなか難しいだろう。

では、どうすれば求人情報の中で、少しでも自分のような経歴も実績もない人が採用されるのか?

この答えとして、注目しなければいけないのは、紹介予定派遣という働き方。

このサービスは、実際にその現場の担当と面接をする前に無料で仲介する派遣会社の社員が情報をくれる。

当然、最初からいろいろなことを任せられるはずもないのもわかっている中で、今の人事がどんな人材を求めているのか?

今の職場的には、どのような働き方でお仕事を任されるのか?

この点をきちんと把握しておくことが大事になる。

映像編集にもcgだけでなく、様々な分野のお仕事があります。

あくまで、応募をする前に自分自身では、ある意味バイトと社員の間くらいの立場で働けるかどうかを確認する。

その上で、休みの問題や働き方、映像系の仕事の想像と現実のギャップの有無などを含めて考える。

この期間が約3ヶ月程度あるというのが一般的。

この期間内で、徐々に自分自身がアシスタントから完全にデザインや配信等を一人でこなせるようになるのか?

これがある意味、自分自身が全くの未経験の状況で業界の規模や名も知らない会社に入社するための近道だと私は伝えたい。

前職からのprポイント

どんな転職サイトで登録した場合でも自分のプロフィールや職務経歴などを入力する。

この情報は、意外と企業も見ている。

あくまで、これまでカフェやアパレル、パチンコの店員等で過ごしてきた人でもその中には何かこだわりがあったのかもしれない。

主にどんな仕事に携わったのかではなく、以下の点を注意して作り上げることが重要。

  • 自分がこれまでに携わった仕事と次に生かせるポイント
  • ブランクのある人はなぜ今なのか?
  • 未経験の人がただ好きとか興味があるだけでなく、具体的に何系の事業に携わることが理想だと思っているのか?

2020年から2021年にかけては、コロナ禍という新しい時代で多くの事業が倒産や廃業の危機に見舞われている。

しかし、その中でも現在でも進行するプロジェクトで、長期に活躍中の人もいる。

今までドラマもテレビもビデオやDVDですらほとんど見ていなかった人がいきなり転職を希望するべきか?

これではインパクトに欠ける。

でも今までの仕事の合間で本当に業界のことが好きでいろいろな作品を研究し、自分自身で独学で勉強してきたからこそ、急募のような仕事に応募した。

このような人のほうが、個人の経歴などを設定している中でも人事の担当者が絞り込む際には一度会ってみたいと思える。

関東全域で比較することが大事

関東の中でも、東京都内にこだわる必要はない。

日本全国で探すくらいの気持ちで探すのも大事。

あくまで、映像制作は、関東だけでなく、日本全国にクライアントがいますし、クリエーターも在宅で仕事ができる。

あくまで、自分が就業する場所を駅チカやとほ10分などにこだわるなら、その対象の探し方は変更したほうが良いと思います。

あくまで、エンタメ系の仕事を探すなら、視野を広げるといろいろな会社が出てきます。

年齢をターゲットに絞り込む

採用情報をチェックする時に、新卒や第二新卒をターゲットにした求人をミドル世代が見ていても的外れ。

いくら情報を更新されていたとしても似た条件しか案内が届ない。

こんな時には、自分の年齢を軸とした検索をすることも大事。

今の時代は、シニア、ミドルなど世代ごとに求人サイトが分かれている。

この状況を活かし、少しでも自分の世代がターゲットになっている求人に目を向けたほうが近道と言えます。

スポンサーリンク