エリオット波動って何?

オカルト的だというYOUTUBE動画までアップされているのを発見してしまった私は次の瞬間、この手法は全く稼げないのではないか?と思ってしまったのです。

同じ感覚になった人も多いはず。

初心者がトレーダーを目指す上で、楽に稼げる方法はどこにあるのか?

この答えとして、読みなよfx勉強会で登場してくる手法の1つであるエリオット波動についてちょっと書いていこうと思います。

エリオット波動とは?

ⓑ4b2

エリオット波動理論というのは存在しています。

相場のパターンを解析する上で、5つの上昇派と3つの下降派を1つの周期として形成した考え方のことを意味します。

外為オンラインでもその手法は紹介されています。

ですから、基本としてその手法そのものが間違いであるということはありません。

過去のトレードでも存在する

実際にこのサイクルでの値動きは実在したのか?

この答えとしては、この手法が誕生したのが、戦後60年代になってから再評価されたというのが新しい。

しかし、この相場は、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れるということからもちょっと初心者には何度が高いと思ってしまう。

波動の流れの特徴

上昇相場においては、

上げ下げ上げ下げ上げという一定のリズムが連続した波形から成り立つ。

この流れを繰り返すのを第1波、第2波、第3波、第4波、第5波としてとらえていくのが特徴。

この上昇を見ていくと、wの形で形成されているのが分かる。

反対に加工に転じた際には、逆さになったNの形で加工していくことも特徴だということ。

この視点を大事にしていくことが手法であるということは分かりました。

では今回の商材はその内容を分かりやすい形で紹介しているのでしょうか?

エリオット波動は使えない手法ではない

1時間足や4時間足を見ていく中ではなかなかその形を初心者が見つけ出すのは大変なのか?

これは決して難しいという事ではない。

単純にWと逆さNを発見することに意識を集中すればいい。

しかし、デイトレードでやっていく人が多い副業の状態では、なかなか1時間足と4時間足を比較していく中で、その形になる前にタイムオーバーになってしまうことも多いはず。

結果的に、一気に下がってしまう流れの時に形を一部だけ見て5つの段階等をきちんと把握できていない状態のトレードになってしまうこともある。

結果的に稼げないやり方だとか詐欺だという悲鳴に変わってしまう。

でもこれは本当の意味では、当事者の開始後の観察不足ともいえるのではないでしょうか?