20代後半から30代前半になると徐々に自分の人生だけでなく、結婚や子育てなどを意識し始める人は多くなる。

休日時間外出勤が少ない環境を求める人もいる。

残業をしたくない人。

みなし残業でもいいから残業代を払ってくれればよいという人。

人それぞれ求める条件は異なります。

未経験で挑戦するならどんな仕事の探し方をすればよいのか?

新卒や第二新卒の頃とは異なるポイントをご紹介していきます。

アラサー都内の未経験歓迎と希望年収

都内仕事探しアラサー

いくら自分でやりたいことがあっても生活できないレベルの給料では妥協することは難しい。

全国の平均で考えると生活費も税金も高い都市部での生活には家賃(住宅)手当だけあってもなかなか難しいと思う給料も多い。

年収よりも月収に注目

特にアラサーに注意していただきたいのが月収ベースで仕事を探すという考え方。

ボーナスが大きい。

この響きは確かに魅力的。

でも実際に生活をする時、毎月の安定のほうが重要。

なぜか?

ボーナスをそのまま貯金にするという考え方があっても、賞与はあくまで基準の縛りが弱い。

業績悪化などを理由に条件変更をされる可能性はある。

でも月収が落ちていない環境なら生活に支障は出にくい。

一方で月収が下がるというのはどうでしょうか?

2,3万円下がるだけでも生活に影響を与える人もいますよね。

ですから、少しでも月収ベースで仕事を探すことをオススメします。