在宅ワークや副業で将来は企業を退職して独立、起業をしたい。

主婦やパート、アルバイトの収入が少ない状況を何とか別の方法で補いたい。

自分でお金を稼ぐために投資というビジネスに挑戦しようとする人は多い。

しかし、いざ自分で調べるとなると膨大な量に圧倒されてしまい結局何から学ぶべきなのかわからなくなっていませんか?

用語や専門知識

チャート足の分析などテクニカル的な要素

口座開設のおすすめやランキングの情報

メルマガ読者登録

こんなことを繰り返していても次から次に新しい用語が出てきて結局自分の立ち位置がわからなくなっている気がしませんか?

こうなる前にあなたに伝えたいことがあります。

基礎はストレス対策から

012

結局自分の将来がどうなるのかという時、いい意味と悪い意味があります。

良い時のケア

自分で想像していた時よりも勝率が高い。

意外と簡単に稼げるようになってきた。

こんな時に、思わず調子に乗って放置したり、投資額を増やすために、レバレッジの倍率を上げる等さらなる利益を求めようとする。

稼げた時こそ、慎重にリスク分散を意識できるかどうか?

具体的には以下のような点を見直します。

  • 通貨ペアを増やす
  • スキャルピングの条件が良い会社を見直す
  • 自分の取引回数を増やすスケジュール管理

今の取引額を増やすことよりも回数を増やして勝てるタイミングを増やす。

こういう考え方ができるかどうかが大事になる。

投資家のメンタルを学ぶ

勝てない

増やせない

負け続ける

こんな言葉のほうが初心者の検索の数が多い時代です。

100万円をよういしたはずが一気に消えてなくなってしまったという話も珍しくありません。

そのくらい簡単に利益が出る分、損もするのが投資。

あくまでトレード方法を学ぶよりも普段から投資家という人たちはどういうことを意識して実践しているのかを学ぶことが大切。

プロのトレーダーの手法よりもそういう人が過去に負けた時に何をしたのか?

この答絵を知ることのほうが大切だと私は感じています。

FXで勝てる方法はその後

013

いくら初心者や素人が副業や在宅ワークでできると言っても最初からスムーズに操作ができるわけではありません。

まして、投資という中では、システムの中で見落としがあるのは致命傷になる可能性も出てきます。

用語はデモを起点にする

用語集や主要キーワードばかりを見ていても実践ではどういう設定になっているのかがわからないことも多い。

実際にデモトレードで見る画面では見慣れない中で細かい設定を見直す必要があります。

基本的な用語はやはり自分の利用するFX会社の取引画面等を見ながら学習するほうが近道です。

頭に入れていた用語も結局自分の使う会社の取引画面では出てこなかった。

こんなことにならないような準備をしておくことも大切です。

注文方法からの画面

fxのチャートを見る。

テクニカル分析などの画面を本などで勉強するよりも自分の使う通常の画面から自分の勉強ツールを多様化するよりもまずはその画面からわからないことをひも解いていくことが一番自分にとってわかりやすく学ぶことが可能になります。

1000通貨からの少額投資法

とにかく少額で取引を開始。

この方法を意識しておくことが最悪の場合、負け続けるという結果になった時のリスク対策にもなります。

自分なりに必死に分析や解析をしていても結局は勝てないという人も多い。

1万円でも可能な取引があります。

自信がない時にはまずは試す程度でも実践が可能。

この先の流れでもまずは自分が調子に乗らないことと負け続けてもそのまま辞めないという精神面のケアのほうが非常に大切。

焦らない

負けてもへこみ過ぎない

一気に稼ごうとしない

小さな勝ちを積み重ねる

この4つが続けばきっと自分なりのトレードの型ができてくると思います。

その型ができる前に焦って自分の資産を一気に増やそうとする人がたいてい負ける。