スポンサーリンク



  • 日足が確定されるタイミングが分からない!
  • 海外のfx業者を選びたいけど日本と何が違う?

こんな疑問にお答えしていきます。

今回の記事では、

  • 日足チャートの確定時間
  • 4時間足の各定時間
  • 夏時間、冬時間の差異

等の仕組みについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


時間足とは何か?

FXの基礎用語に登場する時間足。

この意味について解説していきます。

意味は、一定期間における最初から最後までの値動きを示したもの。

時間足の種類

  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

といった形で期間の区切りを変更することが可能。

時間足の観察方法

相場の動きを確認する時には、必ず長い方から短いほうに向かって確認することが大切。

初心者がよくやる失敗の中で、上昇トレンドの見極め失敗があります。

その失敗の原因は、やるべきことをやっていないだけ。

例えば、5分足だけを観察して、上昇トレンドだと思い込む。

しかし、日足で確認をすれば、下降トレンドの流れであることも見えてくる。

デイトレードのような短期取引をする人ほど短い時間でスマートに取引をしようとする方は多いです。

しかし、これでは、全体の流れを確認せずに取引を行う事になりますので注意が必要です。

初心者におすすめの時間足

初心者におすすめの時間足

初心者の場合には、以下の4つを中心に観察することをおすすめします。

  • 4時間足
  • 1時間足
  • 15分足
  • 5分足

それぞれの特徴もご紹介していきます。

4時間足の流れ

FXトレーダーの中でもデイトレーダーとして活動をしたい人は、長期的なトレンドの流れを把握することが大切。

そのためには、まずは4時間足からチェック。

なぜか?

短期トレンドは、長期トレンドの流れにつられるからです。

1時間足の観察

1時間は、4時間足ではなかなか読みにくいと思う時に確認することをおすすめします。

15分足

前日からとうじつにかけての市場をチェックしたい。

この場合は、15分足をおすすめします。

なぜか?

直近のトレンドを観察しやすいからです。

特に、上昇から下降といった変化を観察しやすいのがメリット。

長い目でトレンドを観察したいかどうかで15分足と30分足は使い分けをすることをおすすめします。

5分足

直近数時間以内のトレンドの動きを観察したい時に使うのがおすすめポイント。

特に指値注文の時には、5分足が使われることが多いです。

より正確な価格を細かく観察したいと思った時には、チャートの縦軸に表示されやすいため、1から5分の取引をしたい時には有効です。

為替市場の始まりと終わり

為替市場の始まりと終わり

外国為替取引の1日というのは、概念がないのです。

24時間いつでも取引が可能になります。

これは世界中で時差の問題でマーケットが開く時間が違うからです。

例えば、日本ではなくニューヨークのマーケットを見ると、日本時間では、朝の7時までになりますし、夏の時期には朝の6時までとなります。

4時間足、日足の仕組み

4時間足や日足の仕組み

こちらは業者により異なるというのが答えです。

通常は、ニューヨーク市場終値になることが多いです。

時間的には日本時間での午前7時、夏なら午前6時というのが一般的です。

fxで最も見やすい時間足は4時間とされています。

その理由は、以下の通り。

  • fxは区切りの時間が長いローソク足ほどトレンドを判断しやすい
  • デイトレードでも前日から当日、午前から午後などの動きも観察しやすい
  • 頻繁にチャートを見る必要がない
  • 細かくトレンドをチェックできる
  • エントリーを絞り込みやすい

最初の頃は、ベースの時間足を決めることをおすすめします。

同じ流れの中で、自分のトレードスタイルを見つける事も慣れていく上では大切。

あくまで複数の時間軸を合わせていくのですが、軸となる最初の確認作業は、4時間。

このルールを作ると上位足、下位足を観察するテクニカル分析を行う上でも大事になってきます。

MT4の4時間足、日足の仕組み

MT4の時間足や日足

自動売買のツールを活用している方も多くなってきました。

この場合は、サーバーでの日足を基準としていることが多いのです。

その時間が、日本時間で4の倍数(4,8,12,16,20,24)という流れになっているのが通常となります。

あくまでサーバーの基準時間をチェックしておくことが大事です。

トレーダーとして活動をするなら、自分の時間軸がニューヨーク基準になっているのかを確認できるようにしておくことは大切なこと。

そこで、自動ツールでMT4を利用している時にその設定を確認する方法をご紹介していきます。

MT4の確認方法

MT4の時間がニューヨーク基準になっているかどうかを確認する場合は、日本時間とニューヨークの時差を意識して表示されている時間は何時なのかをチェックします。

この差が6時間程度になっているのであれば、おおよそニューヨーク時間と同じということになります。

MT4でチェックをした時に時差がなかったという場合には必ず修正をしておくことをおすすめします。

MT4におすすめのインジケーター

MT4を利用されているなら、「Remaining Time_ja.mq4」がおすすめ。

使い方は日以上にシンプル。

  • ファイルをダウンロード
  • MT4を起動
  • 「ファイル」メニューを開く
  • 「データフォルダを開く」をクリック
  • 「Remaining Time_ja.mq4」 を「MQL4」フォルダ内の「Indicator」へ移動
  • MT4再起動
  • インジケーターの選択
  • チャートにドラッグアンドドロップ

上記の流れで、チャートの紀子時間が表示されるようになります。

使える機能

  • 表示する場所の変更
  • 色の調整
  • 文字の大きさ調整

あなたの使いやすい環境に仕上げていくのも楽しめると思います。

スポンサーリンク