fxトレードを行う上で、チャートをチェックするというのは当たり前のこと。

しかし、チャートにもいろいろな種類があります。

5分足、4時間足、8時間足、日足というタイミングが別れている。

でもその1日の終わりというのは、何時から何時までなのか?

為替市場の始まりと終わり

外国為替取引の1日というのは、概念がないのです。

24時間いつでも取引が可能になります。

これは世界中で時差の問題でマーケットが開く時間が違うからです。

例えば、日本ではなくニューヨークのマーケットを見ると、日本時間では、朝の7時までになりますし、夏の時期には朝の6時までとなります。

4時間足、日足の仕組み

こちらは業者により異なるというのが答えです。

通常は、ニューヨーク市場終値になることが多いです。

時間的には日本時間での午前7時、夏なら午前6時というのが一般的です。

MT4の4時間足、日足の仕組み

自動売買のツールを活用している方も多くなってきました。

この場合は、サーバーでの日足を基準としていることが多いのです。

その時間が、日本時間で4の倍数(4,8,12,16,20,24)という流れになっているのが通常となります。

あくまでサーバーの基準時間をチェックしておくことが大事です。

トレーダーとして活動をするなら、自分の時間軸がニューヨーク基準になっているのかを確認できるようにしておくことは大切なこと。

そこで、自動ツールでMT4を利用している時にその設定を確認する方法をご紹介していきます。

MT4の確認方法

MT4の時間がニューヨーク基準になっているかどうかを確認する場合は、日本時間とニューヨークの時差を意識して表示されている時間は何時なのかをチェックします。

この差が6時間程度になっているのであれば、おおよそニューヨーク時間と同じということになります。

MT4でチェックをした時に時差がなかったという場合には必ず修正をしておくことをおすすめします。