スポンサーリンク



FXの勉強をしていると専業トレーダーたちはいろいろな勝てるルールみたいな情報を書いている。

でもこの中には、共通点もある。

それが、トレンドライン。

どんな方法でも良いから、勝てるようになる手法を知りたい。

こんな人が少しでも嘘の情報に惑わされないためにも抑えておくべき方法。

それが、水平線を見抜くということ。

スポンサーリンク


水平線と使いやすいトレンドライン

62-7

fxのグラフは、乱降下しているように見えて、実は徐々に上昇している時もある。

反対に徐々に下降している時もあります。

この時のポイントは、どの時点からどの角度でラインを元に計画を立てるかどうか?

これが難しいという人に伝えたいのが、水平線。

水平線は、基本的には、現在でも未来でもずっと同じ高さの指標なので曖昧さがないのです。

FXの水平線を引き方

fxのチャートを見ながら、水平線を引くには以下のようなタイミングがあります。

  • 高値
  • 安値
  • 戻り高値
  • 押し安値
  • ネックライン

初心者向けには、始値で引く場合もあります。

それぞれをご紹介していきます。

高値とは?

高値は、単純に一番高くなっている位置で引く線のこと。

これは非常に簡単です。

1時間足などを見ながら、その時間帯で最も高い位置からの水平線を引いてみましょう。

では1時間から4時間に切り替えてみてください。

この時、チャートの動きはどのように変化しているのかを観察するのがポイントになります。

そして、時間の経過をしていくと、新高値が切り上げになっているということは上昇トレンドということが言えるのです。

反対にいったん最高値になってからは、更新されない場合は、下降になる可能性も考えておくことが大事。

安値で引くとは?

安値というのは、高値の反対で期間の中で最も低い値を軸として水平線を引くこと。

高値と同じで、最安値が更新されるのかそれとも最安値が高くなっているのかを観察することで上昇と下降を見極めることが可能です。

初心者におすすめ?

いずれのチャートを見る場合でも1時間足と4時間足を観察すると、前回安値や高値を更新したタイミングは見極めが簡単になります。

あくまでチャートですから、安値を基準とするか、高値を基準とするかによって、売りと買いのバランスは予想しやすい。

一方で、戻り高値や押し安値という2つについては、正直、初心者には難しいと思います。

押し安値とは、上昇に向かって、Wの文字を描くような流れになっている状態。

しかし、これは、細かい動きの中で、Wに見えてしまう箇所がいくつもある場合、どのように判断するべきか迷ってしまう人も多いです。

戻り高値とは、このWが下降の流れで進んでいる状態です。

正直、この場合の見極めは失敗すると、どんどん悪循環にはまる可能性もあります。

基本的には、上昇トレンドのタイミングだけを狙うのが初心者にはおすすめと言えます。

水平線を引く時のポイントと注意点

68-8

スポンサーリンク


線を引く流れはわかってきた。

でも自分がもしラインを引く検証を試してみたいと思ったら、基本的にいつのタイミングを狙うべきか?

この時には表示させる項目に注意が必要です。

インディケーター表示

操作画面上には、複数の情報を表示されるとわからなくなってしまうことも多いです。

シンプルにローソク足のみで観察するのは大切です。

サポートとレジスタンス

上昇トレンドになっていると気には、基本的に、以下の流れをチェックしましょう。

Wの文字になっている凹みの部分は、谷(サポート)とします。

一方でWの端の高くなっている部分を山(レジスタンス)とします。

この流れを見ていくと、以下のタイミングが出てくる。

サポートラインを下回る

→この場合は、下がりやすくなる。

レジスタンスラインが突破された

→この場合は上昇する可能性がある。

売り手と買い手のバランスは、あくまでこの2つの山が右上がりか右下がりかを観察すると見えてくるのです。

トレンド終了の見極め方

68-7

上昇の場合でも加工の場合でもサポートとレジデンスは、ずっと同じということはありません。

一定の波を繰り返して反発したりしています。

この時に水平線を使うとどのようなことがわかってくるのか?

この答えは、

レジスタンスラインを上に抜けてサポート反転するのが、買い優勢。

サポートラインを割って、レジスタンス反転すると、売り優勢。

たったこれだけを見ていくほうがシンプルで簡単なのです。

サポレジ転換という用語

今回のキーワードは、fx用語の中ではサポレジという表記をされていることが多いです。

何のことかさっぱりわからないという方は、今回の内容が逆転するという意味だということを知っておくと今後の勉強が楽になると思います。

サポートラインを軸に考えると非常にわかりやすいのがFXの特徴。

レジデンスに迷わされてしまうと、見誤ったエントリーをしてしまうかもしれません。

しかし、転換をする時には、下降の時に経過で通過したサポートラインに注目しておく。

こうすることで、上昇が始まった時にも必ず前回のサポートラインを軸に観察することが可能になります。

安値は更新しているけど、下降に転じた時のサポートラインを上昇している流れの中では通過していない。

この場合はあくまでまだ下がる可能性が残っている状態。

こう考えれば、まだ冷静に市場を観察するべきかを判断しやすいと思いませんか?

スポンサーリンク