fx初心者が無意識にやってしまう行動とは何か?

勝てない、稼げない、儲からないという3つのキーワードにつながる行動をチェックしていきましょう。

fx初心者の無意識の行動

036

トレードなんてやったこともない。

投資という分野は何から始めるべきかもわからない。

チャートの分析方法も全く分かっていない。

将来はトレーダーになりたいと思っていて初めても大きな利益を得る前に多くの人が挫折して諦める。

資金の管理

取引をするには基本としてお金が必要。

大きな額をかけなくてもポジションを維持することも無料となる会社だけではありません。

稼げると思っていたら実際には大きく損失をしていた。

この時の自分の分析をするよりも先に資金が枯渇する。

なぜこんなに軍資金が減ってしまったのか?

こんな風に思ってしまう人は多い。

その理由として多いのが、リスクに対する設定をしていないから。

いざ売り買いをしようとしたら今のスマホやアプリの設定では簡単にできてしまうことのほうが多い。

しかし、最初はよくわからない点が多く、ロスカット(損切り)を設定しないままの取引を行っているケースも多い。

すると、負けた後の自分の証拠金は、スワップを含めて含み損が拡大していた。

こんなことを経験している人は非常に多い。

ルールなき予想

予想のパターン化をすることが非常に重要。

しかし、初心者の中には、この点が重要とは知らずに、通貨ペアを複数用意して、隙間時間を活用して上手に稼ごうと思ってしまうケースが目立つ。

すると基本となるルールは同じはずなのに少しでも調子がよさそうと思ったらその場の勢いで取引を行ってしまうケースが多い。

売買はあくまで十分な情報の精査が行われていてこそ勝ちが見えてくる。

しかし、経済指標などを全く知らないし、運用コストよりも人気やみんなのおすすめ、コツなどの情報を信用してしまうと、結果徹底していることが何もないまま実践している状態になってしまう。

これでは勝てる試合でも稼ぐことは難しい。

トレンドで上がる流れになっているのに勝ちきれないという状態になっていることがある。

あくまで実践するうえでは、最低限以下の点を見直す必要がある。

  • 取引のタイミング
  • 用語の意味の理解
  • 勝てる方法よりも負けにくい方法を知る
  • デモのトレードを続ける

このくらいのことはある意味もうやりつくしたと思えるほど実践しておく必要がある。

こうした取り組みを続けることで同じ100万円の証拠金にしても、運用するうえでの対応が異なる。

どういう状態がチャンスなのか?

その根拠を何度も買って無意識にでも行動できるようになっていたら、もちろん負けにくい状態になっていく。

fx初心者失敗後悔お勧めの対策

037

せめて勝てないとしても借金をする可能性があるような取引をしない。

そのためには何をどう意識しておくべきなのか?

カテゴリーごとのポイント

どんな本でも基本迷った時には米ドル等人とは違う行動をとらないことをお勧めしている人は多い。

迷った時には基本に忠実に手を動かしてみる。

このほうが、いざうまくいった時にも共通の方法を採用することが容易になっていく。

かなり練習を積み重ねていくことが重要。

とにかく一通りのことはすべて目を通した。

こう言えるだけの状態を作ってからリアルにポジションを用意してみる。

ファンダメンタルズ

世界の通貨での動きを意識するなら、経済の動きに敏感になっておくことも重要。

経済状況などを表すデータは複数存在します。

中でもGDP等経済成長率や物価上昇率等に敏感なデータには目を通しておく価値がある。

実際に利用するには、経済が良くないとかマイナス傾向になっているというたぐいの表現に意識を向けることが大切。

例えば、「経済状況が何を根拠に順調と言っているのか?等その場の雰囲気よりもトレーダーとして活動をしていたかどうかのほうが大切。