fxでも株でも投資は基本すべてスマホで行っている。

こんな会社員や主婦、フリーターは多くなっている。

しかし、一方で紛失や事故等による故障等が発生した際にはどうすればいいのか?

自分の手元に取引を行う証券会社のIDもパスワードもすべて管理されていないという状態にならないように何を準備しなければいけないのか?

この点をご紹介していきます。

fx取引をスマホで行う時の準備

スマホで主要な取引を行うことは決して悪いことではありません。

しかし、万が一スマホを失くした、落とした等紛失してしまった際に簡単にログインができるようにパスワード等も自動入力が可能な状態になっていたらどうする?

あくようされたら、自分のfx口座はどうなってしまうのか考えるだけでゾッとする。

こんな時のためにまずは自分で対処が難しい状態を回避することが重要になる。

アンドロイド、iphone共通点

iphoneはセキュリティがしっかりしているから安心。

アンドロイドは脆弱性が心配。

こんな考え方で対処をしているのは中途半端。

基本的には主な取引をスマホで行う場合でもPCで管理をしておくことも大切なこと。

本体でのバックアップだけでなく、外部HDDやメモリーカード等で保存をしておく。

さらには、どこからでもアクセスが可能な状況を作るためには、念のためにクラウドサービスを利用しておくこともおすすめ。

icloudやMSN、Google等各社が用意している無料で利用可能なサービスでのログインIDやパスワード管理をしておくことも大切です。

パスワードを忘れた

久しぶりのログインになる人の中には、スマホは無事だが肝心のIDやパスワードを忘れてしまっているというケースもある。

中には、スマホが変わったことで自動入力の設定ができない状態になり、ログインができないという人もいる。

しかし、この場合はあくまでオンラインでのパスワード再設定操作が可能になっている。

基本口座開設時に必要となった名前、電話番号、生年月日、メールアドレス等で本人確認が可能な情報と秘密の質問などの個人の特定の難易度を上げた状態を設定することは可能になっている。

電話での対応はおすすめしない

よくあるのがパスワードなどを忘れた際にはすぐにカスタマーセンターに電話をするという行動。

このやり方は確かに自宅に電話があれば対応可能なケースが多い。

しかし、最近は固定電話を持っていない人も増えた。

結果的にどこからどのように連絡をする?

たったこれだけのことでもスマホを紛失したことで対応が難しい状態になってしまっている人も多い。

万が一の時に備えるのであれば、基本的にはWeb上ですべてのサポートを完結させるようにしないと待ち時間以前の問題で時間ばかりが経過してしまうことが考えられる。

まずは自分がスマホを持たない状態でも簡単に取引が可能になる条件を整えることを考えておくことが大切になります。

私が日常的に使っているもの

私も実際に取引を行う時にはipadを利用している。

もちろんIDもパスワードもすべて自動入力状態。

このような状況になっている中で、常に意識して持ち歩いているものがある。

それは、Wifiルーターです。

ネットワーク接続が全く出来なくなってしまうということを想定してもすぐに端末を用意してその場で接続を可能にする。

こうすることで、簡易型スマホなどを別で契約しても対処が可能になりますよね。

自分の手持ちのパソコンは自宅。

でも今は距離の離れた場所で自宅に戻るには時間がかかりすぎてしまう。

こんな時には、どんどんその場所で手に入る端末を購入してすぐに対処をするというのも考え方になるのではないでしょうか?

もちろん、都市部や地方でも漫画喫茶等で個室の利用をして再設定を行うという人も多いと思います。

しかし、最近はコロナの影響もあってそういう施設も利用を控えたいという声もある。

だからこそ、今は安心をお金で買うということも大切なのでは?