スポンサーリンク



  • 月1万円以下から始められる投資は何?
  • 不動産のようなローンを組むようなことはしたくない
  • 手持ちの少ない資金でスタートできる方法が良い

会社員、フリーター、専業主婦と立場を問わずに近年注目が集まっているのがfx。

まずは仕組みもそうですが、基本的に失敗しないために知っておくべき情報をご紹介しています。

スポンサーリンク


fxとは?

5885

fxとは、日本語にすると外国為替証拠金取引と言います。

つまりは、日本と海外の通貨を証拠金という資金を使って取引を行う事で利益を生み出す。

取引ですから、当然その取引をする時には買いと売りという2つが存在します。

この差額を利益としているのが大きな仕組みとなります。

FXの稼ぎ方|利益が出る仕組み

552

通過になっていてもモノを売買する事と違いはありません。

安く仕入れをして高く売ることができれば利益は大きくなりますよね。

高く買って安く売ることをしてしまうと損をするということになります。

ではどうすれば安く買って高く売るという流れに乗ることができるのか?

取引時間やタイミング

fxというのは、24時間いつでも取引が可能なのが最大の特徴です。

テレビやネットでもこんな文字を見たことはありませんか?

証券取引所の株式の値動き。

このやり取りは午前9時から午後3時までとなっていますよね。

この時間を狙うことは非常に重要なのです。

なぜか?

世界中の取引は、株、通貨、不動産、金、原油等の主要商品を循環しています。

株式の動きが活発になるということはその動きが激しいエリアでの通貨の動きも活発化しやすい。

つまりは、動きやすい部分をピンポイントで何時から何時と自分で明確に決めて活動をすることが重要なのです。

fx利益に関する3つの用語

885

fxにもいろいろな専門用語があります。

でも稼ぐためというよりも失敗を防ぐためにも知っておくべきキーワードがあります。

レバレッジ

初心者が失敗しやすい理由の一つにもなっているのがこの用語。

このキーワードは、自分の資金で大きな金額の取引を可能とする仕組みです。

単純に買い物をしようと思ったら、1000円では1000円分の商品しか選ぶ事ができません。

しかし、投資の世界は、そうではないのです。

証拠金の最大25倍まで取引が可能になっているのです。

このルールがあるからこそ、ギャンブル感覚で挑戦して失敗してしまう人が後を絶たないのです。

レバレッジは、稼ぎ方とも言えますが、一歩間違えると大損をするきっかけになりますので要注意。

スプレッド

スプレッドは、簡単に言えば、手数料。

通過を取引するのですから、その口座で管理する側にも利益が必要ですよね。

外貨を円に換金するというのと同じような感覚で見ていくとわかりやすいと思います。

この手数料も会社によって異なりますので利益が発生した後に減ってしまう事を考えておくことが必要です。

スワップポイント

今度は、通貨を取引した際の金利差によって乗じる差額により発生する利益です。

このスワップポイントは、決済を行ってポジションを解消しない状態なら、毎日確実に利益が出るということ。

もっと簡単に言えば、売買をしなくても利益を上げられる方法として幅広く利用されているのです。

でもこの方法も単純に金利の変動で一気に大損をする可能性があるので要注意です。

始める時の自己資金計画

774

正直投資という世界は、自分の所持金の10分の1が理想と言われています。

単純に貯金が100万円の人なら上限10万円を取引額とする。

この見方をしておくとあまり大きな損をするリスクを軽減することが可能です。

リスク防止に知っておくべき用語

7778

とにかくリスクだけは抱えたくない!

そんな人に知っておいてほしい用語を解説していきます。

ロスカット

FXは、損をすることが明らかになりそうなときに強制的にすべてのポジションが決済されるという仕組みがあります。

強制的なロスカットというのもあります。

これは、相場の変動で含み損という損益が大きくなった際にすべてを強制的に決済されてしまうという仕組みです。

でもこの基準は投資家の保護を目的としているのです。

この損失を抑える設定方法をきちんと理解していないと損をしたまま放置することになりますので要注意。

空売り

通過の動きの中で、為替通貨によくあるのが下落。

だったら、最初にまだ持っていない通過を後日買い戻す契約のもとで先に売るという行為。

これは、欲出てくるのはこういう用語。

  • 売りから入る
  • 売りポジションを持つ

表現は違いますが、空売りと同じ事を意味します。

取引スタイルをルール化する

fx始めたい人の最初の一歩

自分の中でどういう取引をするのかを具体的に決めることが大切。

  • 何時から何時まで取引を行うのか?
  • 一回の取引はいくらまでの売買なのか?

こういう事をきちんと自分のライフスタイルをもとに決めておくことが大切です。

トレードスタイルの種類とポイント

利益取引所要時間ポイント
スキャルピング為替差益数分から数時間スプレッド
スイングトレード為替差益数日から数ヶ月スワップポイント
スワップ運用スワップポイント数ヶ月から数年スワップポイント
自動売買為替差益放置自動売買の仕組み

為替差益とは、買った時と売った時の差額というのが簡単な言い方ですね。

つまり、1日の自分の隙間時間を使って、売買を行うこと。

これは、デイトレードと呼ばれています。

スイングトレードとは、下落から上昇、上昇から下落の変化のタイミングに合わせて取引を行う手法。

こちらは、経済の動き(雇用統計などの動き)とチャートの値動きなどを含めて分析をする必要があります。

ですから、初心者向けとは言えない手法。

長期投資の場合は、その名の通り、銀行の金利と同じで放置することが基本となる手法。

一番のリスクは、リスクカット(強制決裁)にならないように注意をすること。

自動売買に興味を持つ人は多い。

この方法は、海外の為替取引では主流なやり方。

以下の3つの仕組みが存在します。

  • プログラム型
  • リピート型
  • 選択型

プログラムが主流のシステムトレーディングなら、みんなのFXやインヴァスト証券が有名。

リピート型は、外為オンラインやFXブロードネットが有名。

自動売買は、MT4を紹介している人は多い。

初心者が使うべきツール

初心者がいきなり取引をするのはあまりおすすめできない。

というのもシステムで動いているけど、どのようなタイミングで指示をすればよいのか?さらには操作ができるか心配という声は多いから。

だからこそ、実際のトレードと同じように、デモ口座で自分の運用を試しておくことが練習になる。

別に最初から臨機応変に対応できると思っている人には必要ないかもしれない。

でも最初から自分で行うのは怖い。

こう思っている人なら、まずは一度自分が開設した口座の公式サービスを利用することをおすすめします。

スポンサーリンク