稼げるようになるならあまり細かいことを気にしないでどんどん取引して利益を確定させるしかない!

こんな発想では、一気に含み損や損失で口座の資金を失うことになりかねない。

fxで失敗する人が多い理由は簡単。

得をすることばかりに集中してリスク管理をしないまたはリスク回避という方法を見ていない。

大きく利益が発生するという可能性があれば、当然その逆もある。

つまりは、想像以上に損をするリスクを抱えているということを知らなければいけない。

投資とはつまりすべてにおいて短期、中長期という2つの視点が必要になります。

投資家と呼ばれる人たちは、常に自分の持っている資産を安定化させるために複数の投資先を持っています。

ある程度マイナスになることを覚悟しながら、その分を他でかばーできるように準備をしている。

だから勝率とか過去の実績ばかりにとらわれない。

このような考え方がfxの中では、ロスカットという手法に関連する。

損切りしない状態

あくまで注文をして塩漬けにしているような状態も方法。

でもそれでは運用とは言えない。

特に自己資金が少ない状態で運用額も少ない人にとっては、いつまでも成果が出ない状態になる。

勝てないより危険

勝てる時に勝てば良い。

負けるのは仕方ない。

でもその考え方は、あくまで負けた分も耐えられる資金を持つ人の考え方。

自分の保有している利益すべても利食いといって、失ってしまう可能性を少しでも考えたことがあるだろうか?

自分には勝ち負け2つしかない。

こう考える人は実際に多いはず。

このページを見に来てくれた人の大半が損切りという設定に対して以下のような疑問を持つから関連の情報をチェックしているはず。

最初から設定しなければいけないの?

損切りの基準はどうやって決めるの?

最初から耐えるという考え方は弱気な気がする。

もしあなたがこんなことを考えているなら、そのまま行動をしないでほしい。

トレンドというわかりやすく上がる下がるという動きの間でも初心者はエントリーと決済で負けを経験することがある。

正直、時間の問題でなぜこの可能性を少しでも考えなかったのか?とか少しでも勉強しておけばよかったという人は必ず出てくると思う。

結局は、お金は常に動いている。

金利の高低差による利益で成り立つ取引だからこそ、基本放置は難しい。

儲かるためには必ず一定の頻度で取引を行う必要がある。

他の事にも影響が出る

もちろん自動設定(EA)があったら、選択しておくだけでもデイトレードは可能になる。

しかし、毎日の動きをパターン解析したりテクニカル分析をしないまま仮に放置していたら?

その後のことがきになってしまって、仕事にも集中できないなんてことも出てくる可能性がある。

ただ単に繰り返し同じような取引ができれば利益は膨らんでいく。

こんなことをもし本やメルマガで説明をされているならそんなうまい話はないとおもったほうがいい。

そのやり方にはそれ相応の軍資金(拠出金)が必要になります。

ただ単に勝てるようになるというだけでは足りない。

ある意味、メンタル的にも自分が動揺しない範囲で取引を継続できるかどうか?

急な下落や回復といった動きに対して精神的にも運営上でもそのまま継続することが可能なのか?

これが資産運用で成功するには欠かせない。

たとえ1万円から始まる取引でも正直リスク管理を徹底することには十分プラスの意味がある。

株でも同じ。

みんなお金を稼げるようになれたらいいと思っている。

でも常に同じ量の取引をずっと継続できるとは限らない。

元の資金によっては、レバレッジを使っても限界があるはず。

反対に一番大きく負けたという経験が1回あるだけでトータルで見たら、まったく採算が合っていないという状態になる人も出てくる。

いつかやるのではだめ。

やるならとにかく利益が出る出ないの問題の前にリスク管理を徹底する行動を心がけることが大切だと私は伝えたい。