スポンサーリンク



  • FXの基礎からしっかり学べる環境を探している
  • セミナーに参加してみたい
  • 独学とは違う講師に直接質問したい
  • 情報交換をしたり人脈を作るチャンスが欲しい

コロナ禍でも有料、無料を問わなければ、オンラインで受講できるセミナーは数多く存在します。

もちろん、怪しい、胡散臭い、高額なツールを紹介された等の体験もありますので、注意が必要。

それでも自分一人で悶々としているよりも一歩を踏み出すチャンスが欲しい人向けにおすすめしたい会社や選び方のポイントをご紹介しています。

スポンサーリンク


fxセミナーを探すメリットデメリット

8426

セミナーがおすすめの人の悩み

  • 基礎も知らない
  • 基本もわからない
  • 習得方法も想像できない

順にご紹介していきます。

基礎も知らないからこそ時間の短縮

わからないことばかりの状態で本や書籍を探そうと思っても以下のような疑問が生まれる。

  • どれを選べばいいの?
  • 何か疑問があったらどうする?
  • 内容では何を比較すればいいの?

こんな悩みに対して、セミナーならオンラインでも疑問を質問することができる環境があります。

よって、1日の中で参加している内容ごとに少しずつでも自分の疑問も同時に解消することができるようになっていく。

この質疑応答を全てインターネットで検索しながら回答を集めて整理する作業は非常に大変です。

基本もわからない不安の解消

未経験者や自分に何も知識がないことを学ぶ時、自分の立場や状況に対して不安を抱える人も多い。

しかし、セミナーや講座を受講することは多くの場合マンツーマンではありません。

むしろ、多くの人が出席をしていたりするのでその場でのコミュニケーションが可能になっていく。

さらに、自分の思っていたことを誰かが質問してくれるということもあります。

こうしたことを繰り返すことで自分一人で学習をするよりも多くの情報を一気に吸収することが可能になります。

fxセミナーや講座受講のデメリット

一方で、自分の実力がないだけでなく、他の点で意識をしていないと失敗だったと後で後悔する悩みもあります。

その答えは、以下のような内容です。

  • 高額な商品を案内された
  • 限定案内として商品の購入を迫られた

確かにセミナーや講座も商売ですので、こういう事を容易に想像する人もいるかもしれません。

しかし、まったく免疫のない人にとっては特別価格等の情報を真に受けて申し込みをしてしまったということも多いのです。

こうしたことを複数回経験してしまうとせっかく活動をしたいと思っていた資金を全て使いきってしまったという事例もあります。

魅力を感じる商品が出てくるかもしれない。

その場合にも自分の活動資金を含めて取引を行う上限を設定しておく。

これが心構えとして大事になってきます。

FXセミナーの選び方

FXセミナーの選び方

基本的には何を基準に選ぶべきかをまとめています。

目的と自分のレベルに合わせる

  • FX経験
  • 投資経験
  • 運用資金
  • 口座開設済みの人とこれからの人

上級者、中級、初心者など幅広い対応をしているようで、その会場にはそれぞれコンセプトがあります。

よって、自分がどういう講義を受けたいのか?

この目的をきちんと明確化しておくことが重要です。

初心者が探すべき対象

初心者がこれからFXを始めると言うなら、いくつか選び方があります。

  • 口座開設前の案内
  • 利益を生み出す仕組み
  • ツールの使い方
  • 取引の基礎知識
  • チャートの見方、テクニカル分析

全てを1日や1回に凝縮するというのは、困難です。

ですから、何回かに分かれているようなステップアップ形式を採用しているコースを選ぶことをおすすめします。

失敗や挫折をしそうな人が選ぶべき内容

  • もうすでに取引の経験がある
  • 利益を出しているとは言えない
  • テクニカル分析に自信がない
  • ファンダメンタルズ分析について知りたい
  • 資産運用について知っておきたい

こんなステージにいる人なら、中級車向けのコースを探すことがオススメです。

本や参考書を片手に勉強してきた人で、ある程度すき間時間を使った取引実績があるなら、効率化を勉強する事も大切。

自動売買などのツールを使って、目標レートを設定するとかバイナリーオプションを勉強するのも効果的。

上級者になればリスク管理とテクニック

ある程度のリスク管理を終えて、さらなる収益アップを期待している。

このようなステージであれば、よりトレードに関するテクニック的な要素が必要になります。

具体的には、

  • ポジション調整
  • 資産を守るためのトレード
  • 持ち高のバランス調整

このような内容は初心者には到底分からない単語や用語が増える状況が予想されます。

学びやすい時間と聞き取りやすい話し手

自分がセミナーに参加するとき、オンラインでは特にパソコンのモニターサイズと参加人数などの状況も考えることが大事。

小さなモニターで相互に顔がわかるタイプを希望するのはかなり困難なケースもあります。

講師のみが受講者の顔を認識できる状況の場合、周りの反応もわかりません。

結果的に質問のタイミングを逃したり、オンライン形式でチャット形式を採用していると、タイピング速度によって大きくそのチャンスの度合いは変わります。

結果的に、会場型の方がよかったと思う人も出てくる。

  • 会場までの移動の交通費
  • 3密を避けるというコロナ対策への懸念
  • 自宅から通える距離なのか?

上記のような自分の住まいのエリアと開催地などを含めていろいろ検討する材料はあります。

情報収集をする際にも学校や証券会社、投資顧問会社などいろいろな分野から情報を集めておくことをおすすめします。

初心者が記録を残しやすい環境

オンラインでも会場型でもいずれの場合もも基本としては自分が参加した時の様子をどう記録しておくかが大切。

会場に出席しても結局周りの声が気になってしまったなんてことになってしまったら学習に対して集中できません。

分厚いテキストやマニュアルを渡されて、結局後でサポートのメールやチャットにて行使に質問をするとなってしまうと今度はメモを残していないと何も分からなくなってしまいます。

上記のようなことがあってもあせらずに対応が出来るようにまずは録音をできるツールを用意しておくことを私はおすすめします。

中でもボイスレコーダーは特におすすめです。

その場はすべて聞き流しでも大丈夫。

モチベーションが高い時にリアリングをしておくだけでも学習時の効率は上がると思います。

基本は無料セミナーを受講する

当たりはずれもある世界ですから、最初から有料を選ぶ必要はないと思います。

  • FX会社が開催したらその目的は主に口座開設者を募集する。
  • 投資顧問業が開催したら、その先にはツールや会員登録を促す
  • 講師が出席するようなら、その人の商材や有料講座の申し込みの案内がある。

このように、あくまで主催企業にも一定の目的があって開催ををしている。

だとしたら、まずは顔合わせのつもりで、相手の声色や実績、話しやすいかなどを観察することも大切。

いきなり有名トレーダーだからと何もかもを期待してもやはり成功の秘訣や貴重なノウハウを最初からすべて教えてもらえるわけではありません。

ツイッター、Facebook、YOUTUBEなどSNSなどを使って幅広い情報提供を展開しているのが一般的。

だとしたら、マンツーマン指導を受けるとしてもその内容をピンポイントで見つけ出すことが大切。

まずは自分の中であまり過度な期待をしない。

そして、相手の情報をきちんとあつめておく。

これができてから、具体的な行動を起こすことをすすめします。

  • 外為オンライン
  • FXブロードネット
  • YJFX
  • FXプライムbyGMO
  • 岡安商事
  • フジトミ
  • トレイダーズ証券(みんなのFX)
  • 外為どっとコム
  • アイネット証券
  • マネースクエア

上記のような会社が独自の資産運用などをいろいろな形で提供しています。

まずは自分の初期投資を含めた金銭感覚を養う。

ここからが最初のスタートだと思います。

一攫千金を狙う人は失敗する。これは投資の分野では不動産も金も株もすべて同じことを言っています。

基本は、コツコツと小銭を稼ぎながら着実に資産を増やしていく。

そのために東京都内、大阪、福岡などの主要都市をはじめとするプロの集まる会場やオンラインの講義にしゅっせきするのが初心者の心構えではないでしょうか?

スポンサーリンク