スポンサーリンク



マーケティング企画の求人を探している人も増えてきました。

世の中の流れと集客などの戦略を立てる仕事をしてみたい!

調査、分析や解析などを好む人にはマーケティングは楽しい職種と言えます。

でも経験がない人やスキルや資格がない人はどうでしょうか?

そういう職種に就職するために大学や専門学校に行ったわけではない20代30代の転職を希望する人はどうなる?

こういう人の場合は話がかなり違ってくると思っていませんか?


スポンサーリンク


マーケティング企画の仕事内容

マーケティング企画求人神田

スポンサーリンク



マーケティング企画とは、以下のような部門があります。

  • 新商品の開発
  • 商品改良
  • 市場の規模の調査

簡単に言えば、消費する人のニーズを把握。

商品化する。

その後の調査をする。

という流れに関わる仕事。

市場と人材募集状況

やりたい仕事があっても求人がないのでは探すのも起困難。

実際にマーケティング企画の求人を都内で探すだけでもかなりの数がヒットします。

でもその給料などで特徴的なのは、以下のような文字。

  • 一担当者が全体に関与
  • メーカーマーケティング
  • WEBディレクター

こんな内容をindeedでも出てくる。

では実際に金融市場では求人はないのか?

この答えとして、他の募集サイトには掲載があります。

それが、エン転職サイト。

詳しくは、クロスリテイリング株式会社マーケティング企画スタッフ募集ページ

マーケティング企画の仕事内容

マーケティング企画の仕事内容

これまで全く別のサービス関係の仕事ばかりをしてきた。

営業畑でしか仕事をしてきた経験がない。

金融系サービスの会社に勤務したこともない。

そもそもマーケティング企画という対象について、事業内容を問わず、イメージができない。

こんな人のためにどんな仕事なのかをご紹介していきます。

マーケティング企画とは

企業は、オンラインや実際の店舗などさまざまな市場で新商品を開発したり、販売して反応を確認しながら改良を施したりしている。

全ては、基本として市場が何を求めているのか?

どのように認知してもらう事で、業績を回復や上昇させることができるのか?

このようなことを考えている。

つまりは、企画とは、消費者のニーズを確認した上で、新しい商品を開発すること。

マーケティングは、これまでの商品の反応や今の市場にあるライバルなどの他社商品との差などを分析や解析する業務。

ではどういう人が向いているのか?

金融系業種が向いている人

基本として、業界を問わず、この仕事はほぼ戦略の要。

itに疎い人でも決して難しいことではありません。

問題は、どれだけ個人も法人も問わず多くの人の行動を細かく観察して、分析解析を性格に行う事が出来るのか?

例えば、

年収が600万円、700万円、800万円、900万円、1000万円という中でどのターゲットが一番販売に食いついたのか?

この答えだけでもさまざまなデータがある。

  • 住まいのエリア
  • 法人か個人か?
  • 会員か非会員か?
  • 妻帯者か独身か?
  • 男性か女性か?
  • リピーターか新規か?
  • 転勤族か?
  • どんなビジネスをしている人なのか?

このように顧客一人ひとりについても細かなデータが蓄積されている。

ビジネスとは、情報の塊。

その情報をどう運用し活用するかが次のプロモーションの鍵となる。

新規の施策を任せられる人というのは、あくまで、そのビジネスのターゲットを想像できることが重要になります。

ただ与えられた仕事をこなすだけでは成り立たない。

金融機関のシステムを作り上げるような形がイメージになるのだと思います。

個人向けも法人向けも両方こなせる人

保険、金融系(証券、株)でも提案やコンサルティングを行うターゲットは個人も法人も両方存在します。

あくまで、新しい商品を展開する際には、自社の独自のシステムなどを誰にどう売り込むべきか?

この設定が開発を進める前に完成していないといけない。

ただ完成した商品を前にして、プロモーションやコンテンツなどはできないのです。

自分が活動をするのは、主に商社だ!

このように法人専門で対応したいという人のほうがその先の選択肢は狭くなる。

個人でも商社でもどちらでも対応が可能。

国内であれば、ある程度同じ分野の商品でどこでも勝負が出来る。

このような人なら、学歴も経歴も関係なく、最初は興味があるという程度でもうまくやっていける気がします。

キーワードに注目する人材

どんな些細な言葉も聞き逃さない。

相手の悩みが1つでも多く引き出せる自信がある。

このような人なら、年齢問わず、大きく成長が可能な仕事だと思います。

インターネットにより、多くの会社が情報を公開し、自社の名を売っている。

デジタルマーケティングをうまく活用していない会社ほど、地域密着とか対面サポートにこだわるみたいなことを口にしますがたいていのユーザーがコロナ禍では、対面を望まない。

このような時代の流れに対して、大事になるのは、ユーザーの悩みの本質。

一体何をこの人は期待しているのか?

どんなプロジェクトなら、製品に対して興味を持ってくれるのか?

このような一つ一つの細かいキーワードを見つけ出すことが楽しめる人は、きっとどんな商品開発でも全般に携わることができると思います。

既存はもちろんのこと新たに顧客を生み出すことも出来るはず。

あくまで、この仕事では、何に力を入れるべきかと問われた時、相手との話の流れからどれだけ細かくリサーチを行う事ができるのか?

この力がメールや電話などの細かい業務内での積み重ねで契約や業績に関係してくる仕事です。

金融サービス?広告代理店?業界はどこがおすすめ?

マーケティング求人の探し方

いずれ大きな会社で勤務してみたいと思っていてもいきなり東京にある本社のような場所に勤めたいとは思っていない。

まずは自分の課題も多いから、ゼロから学べる環境が望ましい。

こんな人におすすめしたい会社の探し方についてご紹介していきます。

ネットマーケティングに注目

金融サービスの中には、私たちがよく知る広告が複数のメディアに登場しています。

  • テレビ
  • 週刊誌や月刊誌
  • YOUTUBE
  • Twitte,Facebook,Instagram等のSNS
  • ブログ
  • ポータルサイト

このようなメディアがたくさん存在しますよね。

この多くは、新規の顧客獲得のために必死に自分たちの商品の専門ページを用意し、会員登録の獲得を目指している。

その反応に応じて、ネット上でオンラインでの顧客との信頼関係を築き上げるために、メルマガなどを行い、より身近な存在となっていく。

あくまでお客さまに対して、申すである程度経営企画が見える戦略を行っているか?

これがとても重要だと私は思っています。

いくらオフィスが東京の一等地にあったとしても、その会社のwebマーケティングについては、幅広い場所で目にしたことがない。

これでは、いつもミッションをこなす時にはターゲットやデータが曖昧な状態でスタートする役割を担う可能性もある。

一つのミッションをこなすなら、もうすでにその会社独自の広報が確認できる。

この動きがわかれば、きっとその会社の中に入った時にもどのようなことを創造することが求められるのかを感じることができるはず。

グループ会社が大きいとか金融事業の他にも世界に店舗を構えている等の内容はどうでもよいと思う。

問題は、その事業そのものがどうブランディングしているのか?

この答えと今のコロナ禍という世界の動きが大きく違っている会社の集客はかなり厳しい状況になっているだろう。

自分がどんな知識を持っている状態でも最後にトップがどのようなかじ取りをするのか次第では、チームとしてどんなに良いアイデアを出しても成長はしない。

あくまで、自分自身が目にするメディアの中にもきちんと掲載があるという点を一つでも確認できる会社のほうがこれからをイメージする上でも大事になってくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク