スポンサーリンク



異業種転職は珍しくない。

業種や職種により未経験者歓迎の会社も増えている。

営業、販売の一般の会社とは話が違う。

金融業界へ初挑戦は無謀?

こんな希望を持つ人に伝えたいことがあります。

金融業界といっても会社もさまざま。

特に、Web関連の仕事やマーケティングに興味をお持ちであれば、金融業界の仕事もまだ見つけられる可能性があります。


スポンサーリンク


都内金融業界への異業種転職の注意点

投資顧問業への転職

スポンサーリンク



転職は何歳でも可能というわけではありません。

40代50代には市場を問わずリストラや解雇の可能性がある現代社会。

金融業界でも同じような傾向はあります。

年齢制限をチェック

自分のやりたいことや挑戦したいことがあっても市場として募集の条件よりも年齢に規制をかけているケースは多い。

特に年齢は、35歳が目安。

アラフォー世代からの異業種転職を考えるなら、他の業種を考えることがおすすめします。

仕事内容の選択肢

以下のような仕事なら、金融業界の転職も可能性があります。

  • マーケティング
  • Webサイト制作アシスタント
  • Webデザイナー
  • コピーライター
  • 顧客サポート業務
  • コンテンツ制作
  • 動画編集

こうした仕事なら、募集をしている会社があります。

投資顧問業を営むクロスリテイリング株式会社。

この会社での募集要項や特徴を比較することを私個人としておすすめしたいです。

金融業界未経験者採用の可能性

  • 新卒、第二新卒
  • 中途採用

大きく分けてこの2つに絞られた時、当然業種、職種によっては、経験も年齢も関係ないという仕事もあります。

特に保険や不動産などの企業の場合は、離職率も高いため、比較的学歴や詳細を確認しなくても入社できる会社もあります。

しかし、こうした業種の中にもある程度資格や一定の提案スキル等を求める声もあります。

研修が充実は期待できない

近年OJTや社内研修に力を入れているという表現を数多く見かけるようになりました。

しかし、実際に本当に充実したサポートなどが受けられるのか?

特にキャリア組は、平均の年齢が若いベンチャー等で管理職として採用された時には、ほとんど放置されるという例も多数あります。

あくまで、自分でだれにも頼ることなく、一定のスキルを身につけることが可能なのか?

その期間は、数週間レベルで求められる。

これが、銀行や金融系の職に就きたいと思う人の知っておくべき現実なのだと私は伝えたい。

その背景には、あくまで顧客満足度という言葉が潜んでいます。

itでも不動産でも日本では近年コロナの影響によりオンラインでの商談という形式が広がっています。

勤務するのはほとんど在宅。

対象となる人に対して、ある程度自らでさまざまな情報を精査して、自ら率先して個人でも法人でも商品の案内が可能なコンサルタントになることが求められる。

こうした状況を意識していない人は、少し前の時代と同じように、いつもと変わらない環境で徐々に上司から各分野の仕事を数ヶ月かけて学んでいくみたいに考えている。

これは仕事を探す上で大きなギャップになりやすい。

あくまで、提供する商材や商品については、一定の知識やスキルを自らで付けられるかどうか?

この答えが、面接の時にも見抜かれることを意識しておく必要があります。

金融機関はどこも同じなのか?

  • 上場企業や大手
  • 中小企業
  • ベンチャー企業
  • 外資系

さまざまな会社が経営上で運営の問題を抱えている。

将来が見えない状況の中で配属された場所でノルマを課せられ、必死にs評価を上げるためにさまざまな業務をこなす。

この業界で少しでも長く生き残るためには、とにかくノウハウよりも自分の個性を確立することが重要になります。

ただ単に中途で入社し、資産運用について簡単に目を通しただけで簡単に成績を上げられるなら、正直そこまで転職サイトで求人は出ないはず。

それが実際には、どんなに経験が豊富な人でも有名大学出身の人でも挫折をしていく。

この背景には何があるのか?

これは、メンバー同士の教育や目を向けている内容が重要。

特に、後輩や新人の悩みにどのようにフォローアップをしているのか?

個の体制づくりが求められる時代になっていると思います。

あくまでチャレンジをする人をしっかり支える。

週休2日とか賞与の有無などを気にしている程度では完全に足元をすくわれる可能性があります。

学歴不問となっているなら、特に自分が入社した後にどのような内部の制度が確立しているのか?

この点をじっくり面接の時に確認しておくことが重要になります。

急募の企業は要注意

コロナ禍で業績が悪化している会社は数多く存在している。

ほとんど休日状態だったり、緊急事態宣言やまん延防止の対象になったりして、実際にはほとんどクライアントと面談すらできないという人が全国にはたくさんいるはず。

しかし、これはあくまで働く側にとってはインセンティブを稼ぎにくいだけで人間関係などのストレスからは解放される環境になってきたともいえる。

このような状態になっても常に総合職、事務職、専門職を問わず全国の支社で募集を出しているとしたらそれは、成長なのでしょうか?

あくまで安定すら危うい。

こう考える人が多くなったからこそ、各エリアで先輩たちが離職という道を選んでいるのではないでしょうか?

専門の分野であり、契約1件のインセンティブも高額と分かっているのにあえて同じ時期に複数の人間が辞めていく現場。

これは、正直次に入る人も同じような悩みを抱えてしまう環境なのかもしれない。

新しい分野で成長を目指すなら?

もしあなたが東京都内というエリアにこだわり仕事を探すなら、注意してほしいことがあります。

インターネット上での戦略をどのように構築しているのか?

この答えを必ず確認しておくことが重要。

なぜか?

業界のトップクラスの会社でも大事にしているのは、基本です。

顧客のニーズを知り、その対象を細分化。

そのリサーチを細かく行い、より精度の高い提案をする。

この仕組みを構築しているか同課を今目の前にあるネット内の検索でチェックをします。

例えば、下記のような仕組みをしっかりと構築しているのかがわかりやすい。

  • SNSでフォローしている人が多いのか>
  • ワンマンではなく、複数の力のある人が存在しているのか?
  • 既存の顧客に対してもしっかりサポートを行っているのか?
  • 手続きがより簡単になっているのか?

このような仕組みについて観察することが重要。

あくまで会員登録からクロージングまでの流れがきちんとしている会社でなら、次の時代に合わせた検討は可能になります。

しかし、ほとんど勉強をしていない人では1回見ただけでは、理解も興味を持つことも難しいだろう。

こんなページを見せられてしまっていたら、その会社で自分自身が就職してから各段に報酬を伸ばすことも難しくなってくる。

もちろん、その中身を1回見ただけでは簡単に見抜くことは難しいかもしれない。

しかし、他のライバル企業を見てどこかに特異性やオリジナリティがあったら、その会社と自分の考え方を照らし合わせてみると分かりやすい。

もし自分がその業務の担当者になったら、どうしたいのか?

このイメージができるかどうかでその会社の従業員として働いた際にもその後の自分の仕事のやりやすさが変わってくると思います。

IT業界や金融関連企業の未経験求人に潜む不安要素

IT業界自体は、正直、未経験でも採用される可能性はあります。

しかし、10年後も同じ仕事をするのか?

この問いにあなたはどう答えるだろうか?

子どもたちの成長に合わせたニーズの変化

  • コミュニケーション能力の低下
  • 知的好奇心
  • 細部まで気配りができる集中力
  • ストレスに負けない精神力
  • 会計スキル

コミュニケーションスキルの重要性

時代にそった株式や保険などの無形商材の提案力。

これは本当の意味では、営業との信頼関係の構築が最重要項目。

その為には、社内外問わず人間関係の構築に対する柔軟性が求められる。

人づきあいが苦手。

この認識があるひとにはなかなか続かないのも現実。

知的好奇心の塊が勝つ世界

金融商材の知識があればよいという事ではない。

むしろ、流行やトレンド情報等幅広い知識や見識を持つことで相手との柔軟な会話や商品以外のアドバイスも出来るようになります。

金融商品しか知らない。

これでは、やはり今後の新しい世の中の動きに合わせた商材の提案はできません。

細部まで気配りができるのか?

目の前にいるのが顧客。

この対象からどのようにお金を引き出させるか?

この認識だけでは、誠実さや責任の意識しか感じられない。

正直、金融市場で生き残る人は、物事の細部まで神経を遣っている。

例えば、家族構成であったり、生い立ち、性格、さまざまな視点からその人のタイプに合わせたニーズに応えることが長い付き合いを認めてもらうためには必要になってくる。

ストレスに負けない精神力

正直、他業種よりもその商品の予測が大幅に外れる可能性もあります。

目の前のノルマに追われるだけの生活を送る人では、予算達成だけでストレスが限界になってしまう。

顧客からも当然ながら理不尽な注文や世の中の流れに反する要望などが簡単に飛び交ってくる。

このような時にも柔軟に相手に不都合な情報でもどのように自分が関わることでリスクを最小化できるかなどの提案力が必要になります。

ただ単に人に叱られることや上司との人間関係といった狭い視野の状況で難しいのも現実です。

会計スキルが求められる理由

金融系はほとんどがお金を扱う仕事。

特に法人相手となると会社の会計に直接関わることになります。

この時、財務や会計の知識が全くない状態では、経理の担当者からの質問や相談を受けたという事例に対して何も答えられない状態になってしまいます。

あくまで簿記や公認会計士等という資格に固執する必要はありません。

しかし、人並み以上に話をスムーズに行う事が出来なければ、いくら面接や書類選考を通過させるスキルがあったとしても時間の問題でクライアントとの対応に疲れてしまうかもしれません。

スポンサーリンク